介護の資格|新しい自分に生まれ変るなら今|通信講座で行政書士の知識をゲット
女の人

介護の資格

女性

資格の目的

介護福祉士に関しては、これまで実務経験が3年以上あれば養成機関に通わなくても受験することができる資格でしたが、平成28年度からは実務経験とともに実務者研修を修了することが受験資格に加わりました。とは言え、実務者研修は介護福祉士の受験対策のためだけに作られた研修ではなく、要介護者に幅広いサービスを提供できる能力を身に付けることを目的としています。そのため、介護の仕事を始めたばかりの人や未経験の人でも受講することができ、研修を修了していることで、意欲のある人と判断材料され就職の際にも有利に働く可能性もあります。また、実務者研修を前もって受講しておくことで、介護福祉士の受験勉強とダブることもなくなります。

資格取得で何が変わるのか

たんの吸引や経管栄養などは医療行為とされていて、これまでは医師や看護師などの医療従事者か要介護者の家族しか扱うことが認められていませんでしたが、実務者研修を修了することによって介護従事者にも認められるようになっています。逆を言えば、どんなに経験を積んだ介護福祉士でも実務者研修を受けていない人がそれらの行為をすると法律違反となってしまうのです。とは言え、介護の仕事は時間が不規則なことも多く、体力を要する仕事なので研修を受講するのは大変と感じる人も少なくないでしょう。そのような人達のために介護者研修は働きながらでも受講しやすいように通信講座があったり、所有している資格や経験に応じて受講数が免除されるよう工夫されています。