女性

女性からの人気が高い

女の人

保育士は、昨今、女性の社会進出で需要が高まっている職業です。保育士になるには、まず大学、短大などの養成過程がある学校にいくことです。そうすれば、保育士に必要な知識、経験を重ねる事ができます。卒業と同時に資格も取得できるので、きちんと働く事ができます。

もっと詳しく

介護の資格

女性

平成28年度から介護福祉士の受験資格が変わり、実務経験の他に実務者研修の修了が必要となりました。実務者研修は誰でも受講することができ、修了した人にはたんの吸引等の医療行為も認められるようになっています。

もっと詳しく

効率的に勉強する

筆記用具とノート

合格率全国平均の1.5倍

行政書士は定年もなく、独立開業できる職業として年齢を問わず人気の資格です。ただ、毎年合格率は一桁という現実があるのから分かる通り、資格取得は簡単ではありません。その難しさの原因には、試験範囲の広さが大きく関わっています。大きく分けると行政書士業務に関しての必要な法令と行政書士業務に関連する一般知識です。そして、これらが細かくいくつもの分野にわかれています。ここに独学の難しさがあるようです。本屋で行政書士のテキストを購入しようとした場合は、何から購入したら良いのか判断の難しさもあります。そこで、行政書士の通信講座の利用がおすすめです。通信講座を利用すると限られた時間で効率的に勉強ができます。ネットには、話題の行政書士通信講座ランキングサイトもあります。ランキング上位の通信講座は、合格率の高さと低価格なことが特徴です。新しい自分に生まれ変るなら今ですので、チャンスを逃さないようにするといいかもしれません。

解説の分かりやすさ

また、先ほどお話したように行政書士の試験範囲はかなり広いのですが、人気の通信講座では、出題範囲を絞って学習量を減らしても合格に導く精度の高いテキストとなっているようです。通信講座を利用するメリットは比較的安い料金で必要な教材で勉強ができることや遠方にある予備校に通う必要がないことですが、通信講座の選び方には気を付けたい点がありそうです。例えば、Webで相談が無料の所もあれば、何回まで無料というように回数を決められている所もあります。相談や質問に料金がかかるのは、経済的に負担になる場合もあるかもしれません。また、解説の仕方や丁寧さにも差があります。できたら、数社の行政書士通信講座を比較して、自分に合った通信講座を選べると良いでしょう。

資格取得に役立つ教育

男性

言語聴覚士は医療や福祉の現場で活躍できる職業であり、言語の障害や嚥下対策のために必要なサポートを行っていく仕事です。言語聴覚士になるには、専門の学校で学ぶことでその過程が資格取得に求められる受験資格となります。学校によっては資格取得に力を入れた体制もあり、その点も含めた学校選びが大切です。

もっと詳しく